レート1500は高レートだと思うの

「初日こそが最高レートである」レート初心者のクソザコ奮闘記。

【シングル】ウツロイドかわいいパ【⚠️最高1706】

 f:id:kirschomatie114514:20170913140002j:image

最近新フレーバーが登場するも、まだ食べられていない、つぶグミです。

 

ポケモンサンムーン・シングルレートシーズン5、お疲れ様でした。

 

~~~

 

今シーズンは、ポケモンの対人戦を本格的にやるようになってから初めて、シーズンを通して1つのパーティを運用する、ガチレートに挑戦した。最終的にレートはこれまでの最高レートである1552を大きく上回る1706を達成し、勝率も31勝17敗の約65%と、比較的高水準で過ごすことができた。今回の記事では、そうした2か月間の精算として、今期使用した構築を紹介したいと思う。

 

・構築の経緯

シーズン4の終盤で用いたパーティ(過去記事参照)から6匹全てを入れ替えたパーティで挑もうと思い、まずは軸にしたいポケモンを考えた。それがウツロイドウツロイドかわいい

 

ウツロイドかわいい→ウツロイド採用

バシャナット、ナットミトムの並びの相性補完が良く、ミトムは地面無効枠にもなる→バシャーモナットレイウォッシュロトム採用

耐久に振ったマンダが落とせなくて困った→じゃあ自分でも使おう。羽休め持ちのボーマンダ採用

余った1枠は、物理に硬いナットレイに対して特殊に硬く補完的な受けが成立し、岩石封じやドラゴンテールといった相手側のサイクルを乱れさせる技を覚えるバンギラスを採用。

結果的に地面タイプが1匹もいない、一貫するポケモンや技も少なくないやや偏ったパーティにはなったが、1700までハイペースで上がれたことや、こうして自分の能力以上の成績を出せたことには満足している。

 

・個別解説

 

ウツロイド《ビーストブースト》

おくびょう@こだわりスカーフ

能力値:185(4)-xx-67-179(252)-151-170(252)

備考:スカーフによりS255相当(最速180族相当)。かわいい

:パワージェム、ヘドロウェーブサイコキネシスステルスロック

 

この構築の中心的存在。とはいえ、地面4倍やギルガルドメタグロスといった存在も環境に多く、ウツロイドを見るとほぼ確実に選出されるため、選出率を高く保つことはできなかった。

選出時は、先発から控えまで相手の初手読みに応じて行う。こうしたアタッカーにあまりない特長として、特殊方面の硬さがある。185-151という能力は、例えば抜群のハイドロポンプを読んだ上でカプ・レヒレに後投げし、ヘドロウェーブ2発で落とす、という立ち回りも可能となる。

スカーフ103族ということで、1舞したメガリザードンXや、1加速したメガバシャーモの上を取れる。メガバシャーモには確1こそ取れないものの、確2は取れているので、スカーフがバレていないと2連守るはかなり危険な択になるため、1加速で突っ張ってくる場合が多く、ウツロイドが落とされても後続に十分なアシストができた。

メインウェポンはどちらも特定の相手には刺さるが、広い一貫は取れないので、後続の存在をよく考えて技を選択する必要があるが、S255相当という速さは、一度引いてから死に出しをしても十分な行動保証があり、赤体力になっても捨てを考慮しなくていいどころか、むしろそこからの全抜きも可能である点、とてもかわいい。

ウツロイドがいる時点で岩に弱いポケモンがあまり出てこないので、ステロを打つよりは殴りに行った方が良かったが、「フルアタじゃないなら拘ってはいないだろう」という悠長な考えをしたトレーナーには刺さった。

 

ナットレイ《てつのトゲ》

のんき@ゴツゴツメット

f:id:kirschomatie114514:20170912022540p:plain

能力値:181(252)-115(4)-201(252)-xx-136-22

備考:最遅

:まもる、やどりぎのタネ、ジャイロボール、パワーウィップ

 

一般的な型。まもるは宿木のターン稼ぎだけでなく、ナットレイにとって致命的である特殊アタッカーのめざめるパワー炎を透かすことのできる点で重宝した。めざ炎の有無でナットレイとの力関係が逆転するポケモンも多い(特に水タイプとフェアリータイプ)が、守ったことでより安全に引くか居座るかの選択ができる。

ゴツゴツメット+てつのトゲは、定番ながらやはり相応の効果を発揮した。例えば本来有効打のないエアームドとの対面でサイクル戦に持ち込まれた際、相手の攻撃を読んでナットレイに引き消耗させ、羽休め読みでミトムに引こうとしたところ、早い段階で相手は勝負に見切りをつけ、エアームド突破に成功した。他にも、メタグロス(地震切り)、ミミッキュ(Z以外)なども直接攻撃メイン+とどめの先制技も直接なため、味方が削られてバレパンorかげうち圏内に入った時にナットレイを出すことで、味方を守りつつ相手にダメージを与える戦法戻れた。

パワーウィップは一致180と高威力ながら、枠の関係で切っているナットレイも多いため、例えば挑発を読んで殴ることができた。メガギャラドス対面などでこの読みが有効である。

 

ウォッシュロトム《ふゆう》

ひかえめ@ミズZ

能力値:157(252)-xx-127-172(252)-128(4)-106

備考

ハイドロポンプ10まんボルト、おにび、ボルトチェンジ

 

相性補完の点から受け出しをしたり、ボルトチェンジを多用したい考えから、耐久にも重きを置くHC振りを採用。ウツロイドバシャーモバンギラスへの地面、ナットレイへの炎、ボーマンダへの氷を受け、なおかつ唯一の弱点である草はこちらに通りが悪く、補完としては非常に優秀。

また、唯一のZ枠となっているが、一致277という高威力で、H振りカバルドンや霊獣ランドロスを確1に持ち込み、等倍でもカプコケコや霊獣ボルトロスを確1にするなど、まるで不慮の事故と言ったふうに相手を乱すことができた。それだけでなく、ハイドロポンプの命中不安を補う存在でもあり、例えばハイドロポンプで確1を取れているが、外すと反撃されて落とされてしまうという状況での勝利が確実となる点は大きい。

ミトムの鬼火+ナットレイの物理受け能力で物理アタッカーの大半が止まるため、選出時はセットとなることが多かった。

 

バシャーモ《かそく→かそく》

ようき@バシャーモナイト

能力値:155-172(252)-90-xx-91(4)-145(252)

備考:メガ後 155-212-100-xx-101-167

:まもる、フレアドライブとびひざげり、じしん

 

メガ枠1。3ウェポンで広範囲をカバーしている。筆者は運ゲーに弱い自覚があり、命中90ながら飛び膝蹴りを信用していないので、賭けに出る以外ではフレドラと地震で戦っていた。地震バシャーモ受けであるHBドヒドイデに対して49~59%と乱2を取り、受け出しからでは向こうの熱湯が間に合わないなどの利点があった。また、反動のあるフレドラ・膝に比べデメリットの無い地震は、他で落とせそうな状況を除けば最も安定行動でもあった。

やはり1回の守るで多くのポケモンとのS関係を逆転できる点で、ウツロイドと同じく赤体力からでも全抜きが可能な楽しさがあった。実際、相手にした非常に多くのパーティにバシャーモの3ウェポンが刺さっており、先発しただけで3タテができた試合もあったほどだ。サザングロス、サザンガルドに滅法強く、バシャーモで全抜きできるように一度ナットレイに引いて殴らせて削るなど、選出単位でアシストをしてさらに勝利を盤石にした。

 

ボーマンダ《いかく→スカイスキン

いじっぱり@ボーマンダナイト

能力値:191(164)-183(92)-100-109-100-152(252)

備考:メガ後 191-194-150-118-110-172。C個体値は15

りゅうのまい、はねやすめ、おんがえし、だいもんじ

 

 メガ枠2、竜羽マンダ。最終盤までは文字の代わりに地震で物理型として運用。厳選の時点で両刀は考えていなかったのでCは考慮して育成していない。Hに振ったことで例えばマンダマンダ対面になった時にスキン恩返しの確定数が無振りと比べてズレる。これにより一度舞ってから羽を連打していれば回復が間に合うことになり、一度舞うことで逆に相手に舞う余裕を与えずに有利対面を作れる。

地震スカイスキン恩返しとの相性補完が非常に良く、役割破壊としての大文字との4枠目争いには最後まで迷ったが、地震の打てるポケモンの多さと、パーティとして物理受け鋼対策が必要だったことから大文字を採用。決断が遅くなり、打つ機会のあった試合はほとんど無かった。

やはりメタを張られているなあという印象が強く、ナットレイ同様、めざパには怯えながらの戦いとなったことと、もう一つのメガ枠であるバシャーモの選出率の高さから、前4匹ほどの活躍はさせてあげられなかった。

 

バンギラス《すなおこし》

わんぱく@とつげきチョッキ

f:id:kirschomatie114514:20170912022806p:plain

能力値:207(252)-154-178(252)-xx-120-82(4)

備考:チョッキによりD180、さらに砂嵐でD270相当

:がんせきふうじ、かみくだく、じしん、ドラゴンテール

 

今回の地雷枠だろうか。このパーティはアタッカー気質のポケモンが多いにも拘らずH振りをしているポケモンが多く、それは結果としてサイクルで相手を削っていく強さを意味した。このバンギラスの特長はドラゴンテールで、相手のサイクルを乱すところにある。それ自体は微々たるダメージだが、例えば残りHP僅かで引いたポケモンをもう一度引きずりだして砂で落としたり、相手の後ろを見てからもう一度同じ対面を作ったりなど非常に活躍した。対ヒードラン、あるいはバトンパ全般に強さを発揮した。

今回はHBチョッキと欲張ったが、仮にこれをHDチョッキという特化型にすると、なんと霊獣ボルトロスの気合玉Zを4倍弱点ながら確定耐えし、岩雪崩を採用しているとその反撃で返り討ちにできてしまうほどの耐久力となる。物理受けナットレイ・特殊受けバンギラスだと格闘が一貫するので、相方を工夫することで更に活躍できるのではないかと考えている。

 

・選出方法

 

安定した3匹の基本選出はなく、相手のパーティに応じて臨機応変に3匹を決めていた。(2メガを除く)

ただし傾向として、先発は速攻の効くウツロイドorバシャーモが多く、その裏にナットレイやミトムを配置し、相手の技を読んで引き、逆にこちらも相手の裏を読んで攻撃するというのが基本スタンスだった。基本的にはどの3匹でもある程度の補完が利くように構築段階で意識している。

 

~~~

・さいごに

 

長文駄文でしたが、読んでいただきありがとうございます。フェアリー・氷技0、地面タイプも0と、現環境のトレンドらしくない構築ではありましたが、自分の目標・期待以上の成績は残せました! 特に今期は夏休みに入ってしまい、ポケモンサークルの友人に頼りながらパーティを組めたわけでもないので、自力で頑張らないといけな状況でここまで来れたのは自信になりましたし、今後は1800、1900、2000も目指せる構築ができればいいなと考えています。今回は50試合もせずに1700に乗せられたので、まだまだ伸び代はあるパーティでしょう。QRも作りたいと思っているので、是非みなさんにもウツロイドの可愛さを知ってもらいたいです!

 

以上になります、あらためてここまでありがとうございました!