レート1500は高レートだと思うの

「初日こそが最高レートである」レート初心者のクソザコ奮闘記。

【ダブル】プリティプリマ使用構築+α【メレチリ頑丈ヌケニン】

つぶグミです。

 

今回は、だいぶ前ですがネット大会・プリティプリマで使用した構築に少し手を加えた、ダブルバトル用の構築を紹介していきます。

 

⚠️注意⚠

安定して勝てる、高レートを目指せる構築ではありません。あくまで、面白い試合を作ることに特化したネタパです。でもたまに勝てます。

 

・頑丈ヌケニンとは?

f:id:kirschomatie114514:20170728233241p:image

特性が頑丈になったヌケニン。特性:頑丈は、体力が100%の時、必ず1残して耐えるというものであるが、最大HPが1であるヌケニンがこの特性を持つと、場にいる時は常に体力が100%=1であるため、どんな攻撃でも1残して耐える→ダメージを一切受けなくなる。

 

つまり、通常攻撃ではダメージを与えられなくなるのだ!!!

 

ここに最強ポケモンの誕生である。しかし、ヌケニンを頑丈にするのは容易なことではない。そんな簡単に爆誕させられたら、ゲームバランスが壊れてしまうからである。そのため、不思議な守りにはスキルスワップが無効となっている。特性:頑丈のポケモンヌケニンスキルスワップをしたところで意味が無いのだ。ゲームバランス上妥当な仕様である。(余談だが、トレースすることは可能)

 

ヌケニンの特性を他のものに変える方法は限られている。「胃液・悩みの種・シンプルビーム・ミイラで強制的に特性を無効化/上書きする」ことが主な対処方法であるが、こんな技も使うことができる。

 

「なかまづくり」

 

普段レートでハイレベルな試合をしていると、99%見ることのないであろう技。実際自分の所属しているポケサーの流星群でも、技の効果を知らない人がかなりいた。ちなみにこの技の効果は、「対象のポケモンを自分と同じ特性に変える」というものである。今回はこの技を主軸にしたパーティを組んだ。

 

ヌケニン《ふしぎなまもり》

ゆうかん@ぼうじんゴーグル

f:id:kirschomatie114514:20170728234529p:image

能力値: 1-156(252)-xx-xx-xx-40

備考: 実際には意地逆V(S45)で運用。最遅。

: シャドークロー、まもる、おにび、どくどく

 

この構築の主役。一般的なASヌケニンではなく、トリルとのシナジーを考慮した最遅型を採用。ちなみに余った努力値はダウンロード対策にDに振った。まさかのADヌケニンである。アイテムのぼうじんゴーグルは、こうしたヌケニンを突破するために用いられる、砂嵐・霰・宿木を無効化できる。以上の方法でヌケニン突破を試みたポケモンを詰ませることができる。

残ったヌケニンの突破方法は、鉄の棘・鮫肌・ゴツメといった接触ダメージ系、毒や火傷など状態異常によるダメージ、ステルスロックやまきびしなどの昆布である。そのため、接触が気にならない特殊ヌケニンの採用もアリ。(どうせ相手が詰んでいれば、一方的に殴れるので火力は関係ない)その場合は、無効タイプを持たない虫のさざめきが最有力候補か。

 

メレシー《がんじょう》

さみしがり@メンタルハーブ

f:id:kirschomatie114514:20170728235654p:image

能力値: 12-xx-7-xx-8-6

備考: Lv1。防御下降はDL対策。個体値不問。

: ステルスロックスキルスワップ、ガードシェア、がんせきふうじ

 

この構築における場作り要員その1。アイテムはダブルでは比較的よく飛んでくる挑発対策にメンタルハーブだが、最大HPと特性との相性の良いきのみジュースも選択肢。余談として、筆者はプリティプリマのルールをよく理解せずに挑んだため、強制的にメレシーがLv50になってしまい、きのみジュースが産廃と化してしまった。

正直ステロは撒く暇がないので、チリーン亡き後のトリル再始動要因にするのもあり。ガードシェアは、実数値依存のため相手の耐久をほぼ半分にできる強力な技。岩封は、後述のコータスに打つ用の技。挑発悪あがき対策の面もあるが、基本的には味方のコータスの弱点保険を発動させるための技となる。(精々3ダメージしか入らない)

 

チリーン《ふゆう》

なまいき@オボンのみ

f:id:kirschomatie114514:20170729000714p:image

能力値: 181(244)-xx-102(12)-xx-156(252)-63

備考: 最遅。

: トリックルーム、なかまづくり、でんじは、にほんばれ

 

場作り要員その2。基本的には、メレシーのスキルスワップで受け取った頑丈を、ヌケニンに分け与える役割を持ち、それと共に、トリックルームを発動させ、余裕ができればヌケニンが毒や火傷にならないように麻痺を撒き、天候を奪われたら晴らして奪い返す、サポートに徹する過労死ちゃん。基本的に初手でチリーンが倒れてしまうと全てが終了なので、耐久を厚くしている。想像以上に固く、集中砲火よりもサポート妨害に周りがちな初手は意外と耐え忍んでくれる。

 

コータス《ひでり》

れいせい@じゃくてんほけん

f:id:kirschomatie114514:20170729001705p:image

能力値: 177(252)-xx-161(4)-150(252)-90-22

備考: 実際にはSV(S36)で運用。最遅。

: ふんか、ねっぷう、ソーラービーム、まもる

 

この構築の裏選出エース、あるいは頑丈ヌケニンに失敗した時のゴリ押し枠。トリル下で上から入る晴れ一致噴火の威力は破壊的。火力指数は1匹あたりに50,625となり、輝石ポリゴン2でも半分近く削れるほど。チリーンが作ってくれたトリックルームのお陰で存分に暴れ回ることができる。また、メレシーに岩封を打たせる事で、体力はほぼ満タンのまま、威力2倍の噴火が打てる。そして、H振りのため弱点でも物理ならそこそこ耐えて弱保が発動するので、その場合は威力の下がらない熱風を打つことで最後まで活躍可能。水タイプには読まれやすいがソーラービームを打ち込もう。守るはトリル再始動などの隙を埋める際に有用。

 

キマワリ《サンパワー》

れいせい@こだわりメガネ

f:id:kirschomatie114514:20170729002920p:image

能力値: 181(244)-xx-172(252)-107(12)-31

備考: 最遅。めざパ氷。

: ソーラービームヘドロばくだん、めざめるパワー、はかいこうせん

 

太陽神。晴れ下では身を削りながら特攻が1.5倍になり瞬間火力ではコータスと肩を並べる。ソーラービームの火力指数は69,660で、条件が限定的ながら眼鏡テテフのサイコFサイキネ(同60,750)をも上回る。ただし絶望的な物理耐久と、脆いのに更にサンパワーでゴリゴリ体力が減ること、そして何より草技の一貫の悪さ(拘りと相性が悪い)が災いし、ロマンの枠を出られないでいる。S種族値は30と圧倒的に遅く、トリル下では同僚のコータスや、ナットレイなど極一部以外には先手が取れる。コータスと並べて出すと火力の暴力を見ることができて愉快。

 

エルフーンいたずらごころ

ずぶとい@あついいわ

f:id:kirschomatie114514:20170729004322p:image

能力値: 167(252)-xx-150(252)-97-96(4)-136

: にほんばれ、ちょうはつ、やどりぎのタネムーンフォース

 

挑発は上から挑発を打って封じる。メレチリが挑発で止まることを考慮し、挑発読みで先発に出し、相手の意図を封じ込める作戦。また、コータスが天候を奪われた後に再始動する役割も持つ。たまに、先制にほんばれを読んで下から雨乞いする輩がいる。それは相手がお上手ということになるが。

頑丈ヌケニンではなく、コータスキマワリ選出をする時にチリーンの相方になる。チリーンを妨害しそうな輩に挑発を入れて立ち回りを鈍らせる。挑発対策にムーンフォースが採用されているが、正直そういう輩に上から打つための挑発があるので、0ウェポン型も検討の余地あり。

 

選出方法

 

① 頑丈ヌケニン構築

先発メレシーチリーン+ヌケニンコータス

初手はメレシーがチリーンにスキスワ、チリーンがトリル発動。

2ターン目でメレシーはヌケニンと交代。代わって出てきたヌケニンに最遅チリーンが真っ先になかまづくり(ここで交代読み影打ちが飛んできたら試合終了)。頑丈ヌケニンが爆誕する。

あとは適当に試合を進める。抜群技を何発受けても体力が全く減らないヌケニンは面白い。余裕があれば、チリーンで麻痺を撒くことで、他の状態異常がかかることも阻止できる(実際そこまでの余裕は無い)。相手に突破手段がなければ、ラス1からヌケニンで4タテ可能なポテンシャルを秘めるが、現実は甘くない。

 

② 太陽神降臨構築

先発エルフーン(メレシー)チリーン+コータスキマワリ

初手はチリーンがトリル発動。この時怪しい動きをしそうな奴を、エルフーンの上からの挑発で止めておく。メレシーを先発にして、ガードシェアなどで場作りをしても良い。

トリルが始動したらコータスキマワリを出す。メレシーがいる時は、この時に交代で出てくるコータスに岩封を打っておくことで、火力が2倍になる。コータス(S22)、キマワリ(S31)を前にして受けの成立しないポケモンは何も出来ずにバタバタ倒れていき、ハマれば思考停止で勝てる。

 

* * *

 

以上が今回の構築記事になります。ネタパでありながら、本大会では勝率4割程度はあり(うちヌケニンによる完封も1試合!)、実用性もそこそこあることがわかりました。そのため、面白いBVを撮るには格好のパーティだと思います。QRは公開していませんが、需要があれば公開しようと思っています。

ガチレートでは使われないようなポケモンや技を、それぞれのポケモンの特徴を生かしながら組めたのではないかと思っています。メレシーチリーンの先発なんて、まず見ることはないでしょうwww

 

約4000字の長文になりましたが、ここまで読んでくださってありがとうございました。